忍者ブログ

紺碧ノート

紺碧サーバー、斎藤家所属のしがない巫女のBlog。最近は内輪ネタ多め。

カテゴリー「合戦」の記事一覧

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

戦場カンカン娘

ぼっちでもいいじゃない!ぼっちの時間が自分を育てるのです。

さて信日記。

第二陣の目玉といえばやっぱ合戦!
早速昨日生産終わらせてから行ってみましたよ。

斉藤家は奇数組ということで世界で一番毘沙門天なあの国へ援軍。

斉藤家の勢力チャットで、「トンカチがすごく戦果稼げる」とのことで真偽を確かめに。

やり方としては歩兵のまま支配力がMaxじゃない陣へ行き、兵種>工作をするだけ。


\ブラジルの人きこえますかー?/


これを数秒やるだけで戦果が10ほど入ります。
仕様が変わって武将やるだけでも戦果10ほどになってしまったので、現状圧倒的にカンカンしてるほうがおいしいってことになりますね!


だからみんなカンカンしかやらないという。
これで陣が落ちるんだもの。そりゃそうするよね。



今年の東西のトレンドはフナムシ軍団だったわけですが、今回のイベントのトレンドはカンカン部隊だね!


フナムシで思い出した。大砲部隊も今回の合戦から実装されてて、カンカンしてたら時々砲撃を食らうわけですが・・・
大砲部隊って、対人が苦手な人向けなので叩かれたら即砦にもどるんですよね。
それを逆手にとって、大砲部隊はたたきまくってやりましたよ!
 
 
 
この人が・・・


ドーン


面白いけどこのエフェクト、ちょっとグロテスクだよなぁw
次の審査でCERO「D」になっちゃうぞこのゲームw

ちなみに、工作に関しては明日の臨時メンテで修正されるようですね。
きっと修正くると思ってこの2日間、合戦頑張ってカンカンしておいてよかったー。
現在戦果15000くらいですよっと。

拍手[0回]

PR

合戦が変わる!詳細公開

今回はFaceBookではなく公式のほうで公開されていました。
FaceBookで公開された内容と重複してることも結構あるので、今回は新しい情報だけフォーカスして私の感想を。

1、合戦の時間が短く。そのぶん1日3陣
11時~15時、16時~20時、21時~25時という形に。それぞれ、主婦の陣、過疎の陣、リーマンの陣となりそうですねw

仕事休みの日だったら午前中に家事を済ませて16時からの陣に参陣したり、夜勤の日が午前中の陣だけフル参戦とかできるのでこれはありがたい!
なかなか8時間ぶっとおしでいるってできないですからね。
(それでも無印のころの合戦と比べたら大分やりやすくなってたはずなのですが)

ただ、これだと家老試験とかまずできなくなるなーって思ってたら、ちゃんとフォローの仕様も入ってますね。


2、総崩れの導入で戦闘時間を短縮
確かにこれで家老試験もできますね。ただ、そうすると大名も総崩れするのかな?
劣勢の勢力にとって、大名自身の自衛って最後の砦なんだけどなぁ。

3、 敵NPCの能力と使用技能の調整
敵NPCの能力と使用技能は、「天下夢幻の章」のプレイヤーキャラクターの強さに合わせたものに変更されます。また、敵NPCが《蘇生の秘薬》を使用しないようになります。
これはイイ!理不尽な蘇生の秘薬にどれだけ苦しめられてきたか・・・。これ、合NPC以外も使用しなくなればいいのにwただ、少し武将強化されるのね。まぁ大名おとされまくってたしなぁ。
一度浅井長政やったことあるけど、開幕さえしのげばギリギリなんとかならないでもない感じだったしね。

4、補給物資の納品で手柄を獲得
補給物資を生産し、合戦場にいるNPC“軍監”や“小荷駄”に納品することで、間接的に合戦に参加できるようになります。物資を納品すると手柄を獲得できます。納品された物資は勢力共有の物資として保存され、合戦場で兵種の変更や消耗品を受け取る際に消費されていきます。

今まで以上に小荷駄を落とす重要性が増すってことでいいのかな?軍監と小荷駄が一元的に管理するのか、そうでないのかが気になるところ。
ただ、生産でも合戦に貢献できるとなると、初心者さんとかも気軽に合戦に参加できますね!


5、 手柄と報酬の交換について
神秘石や成長支援アイテム、雑貨などと交換できる模様。勢力の城砦保有数によって、必要手柄が割引になるぽい。無理に手柄を全部交換しなくても、お金と名声に変化ってのはいいね。
ただ、またインフレの予感w

6、 兵種の変更方法の見直し
兵種の変更に必要なアイテム(軍馬や火器)をなくしました。代わりに、対応した補給物資を消費して兵種を変更する形に改めます。兵種を変更するには、補給物資が納品されている必要があります。
「馬忘れたーだれかわけてー」って事体がこれで解消されますね!ただ、こうなるからには知行で馬の調達ができなくなるようにしてほしいな。じゃないと初心者さんなにがなんだか分からずに村役の行動力無駄にして馬と交換しちゃうじゃんw
ただ、特化が自由に変えれるようになった今でも断片ワサワサドロップするし、無理かな、、、?w

7、合戦場会話を新設
同じ合戦場内の味方のみに聞こえる【合戦場】会話を追加します。     
これも細かいけど、親切なパッチですね。「合戦私設名なんですかー?」って大声できかなくてすむw新参者広場みたいに自動で入ればなおいいですね。


そして、なによりも気になるのがお披露目イベント。
◆ 新合戦お披露目イベント
[ 開催期間 ] 2013年11月13日(水) 定期メンテナンス終了時(13:30予定) ~ 12月25日(水) 定期メンテナンス開始時(10:30予定)
※イベント合戦は全4回(1回ごとの開催期間は1週間)行います。


なお、「新合戦お披露目イベント」の開催期間中は、国勢の変動が凍結されます。
・通常の合戦の発生並びに、評定クエストや拠点戦による天下人得点や軍事物資の変動が凍結されます。
・献策結果による外交状態の変動が凍結されます。
◆ 国勢の凍結
[ 凍結期間 ] 2013年11月6日(水) 定期メンテナンス終了時(13:30予定) ~ 2014年1月15日(水) 定期メンテナンス開始時(10:30予定)

これ、東軍西軍にわかれてやるタイプなのかな?違うんだったらこれを機会に家老試験やりたい。
あと、年をまたぐから議長団の皆さんもリアルで御里帰りしたりとゆっくりできるわけだ。
毎年毎年、戦国案内所とかみてたら、年末年始はユーザーの話し合いで凍結させたりさせなかったりだから絶対もめてるよね、あれw
とりあえず、お披露目イベント、ちょー期待してます!

拍手[0回]

新情報~合戦の人数差について~

公式のFaceBookがまたまた更新。
今回はずーーーっと気になってた合戦の人数差のフォローについて。

まずは、本当にこの難しい問題に真摯に取り組み、対応を検討してくださった川又ディレクターをはじめ、運営の皆さんに感謝とエールを送りたいと思います。


開発としては人数差の問題を解決する方針として、人数差が生まれにくい仕様を目標としています。
そのためには合戦参加者を増やすことができる仕様が重要ですが現状の合戦は「陣を落とす=武将を倒す」となっており、武将と戦える方以外の参加者を増やすことが難しい状況に陥っています。


まったくもってその通り。これで新規さんが入ってこれなくなって、世代交代できずに引退者の数だけ合戦参加人数が減っていくという負のスパイラルになってたわけですしね。

(中略)とはいえ参加者の母数が増えれば人数差の問題が解消されるわけではありませんので、別途劣勢側をフォローする仕様は必要だと考えています。 さてこのフォローする仕様で難しいのが、人数差と一言で言っても、必ずしも「勢力所属人数=合戦参加人数」というわけではなく、また「人数差で負けている=合戦で負けている」というわけでも無い点つまり、特定の環境と時間における「人数の差」だけでは、不利な勢力を判断する基準としては適切ではないのです。

たしかに大国だけど合戦参戦率がイマイチな国と、少数精鋭国家は存在しますからね。
小国と合戦に不利な国をごっちゃにしてしまうと、今度は少数精鋭国家に有利になりすぎてしまいますからね。



そこで二陣では、「天下人順位」と「戦果差」を材料として、「勢
力としての劣勢」と「戦況が不利」という2つの明確な基準をもって、以下の劣勢側をフォローする仕様を導入します。

・「天下人順位」による補正の導入について
天下人順位が低いほど、「陣の支配力を減らしやすくなる」「固定大筒等の完成に必要な回数が減る」「手柄の入手量が増える」といった補正がかかるようにします。
この補正は、同盟勢力の影響も受けるようにします(ただし参戦可能な同盟勢力のみの影響を受けます)。
同盟勢力の影響を受けるようにしたのは、順位が低い勢力にも合戦外交における戦略性を広げる意図もあります。
これにより、人数が多い勢力と手を組み人数差を埋めるのか、順位が低い勢力同士で結託して上位を目指すのか、様々な選択肢の幅が広がると考えています。


これは吉とでるか凶とでるか微妙なところっっっ、、、
陣の支配力が減らしやすくなるとか、大砲が組み立てやすくなるのはいいとして、同盟勢力の影響を受けるってのがちょい引っかかった。
これを利用して、大国に恩恵があるってことは、同盟の小国は必然的に援軍参戦の機会が増えるわけでして、結構負担になるんじゃないかなぁ。
それに恩恵目当てで同盟組まれるってのは、小国にとって結構屈辱かもしれない。

小国のプレイヤーは気骨ある人が多いから、これに嫌気さしちゃうかも。
ただ、大国と同盟組めば自国合戦でも有利になるのは間違いないので、そこをうまく割り切れた勢力がこれから拡大していくのかな、って思います。



・「戦果差」による突撃武将の効果の変化について
突撃武将は従来の混乱効果に加え、突撃が成功した陣の支配力を減らす効果が追加されます。
これに関し、自軍の戦果が相手の戦果の70%以下の時は効果が大幅に強化されます。


これだったら人数が押されててもそうでなくても、劣勢だったらNPCが何とかしてくれるわけで良パッチだと予想。
効果が大幅に強化だと、それ+周囲のN2~3体で陣を取れるってくらいかな?
でも先陣だったら戦果150だし、合戦の後半だと、これをもってしても挽回は厳しいかもしれませんね。

また重ねて申し上げますが、本件は引き続き検討と改善を続けていかなければならない内容だと考えておりますので、ぜひ二陣からの調整のためのイベント合戦にご参加いただき、ご意見頂けますと幸いです。

二陣からの調整のためのイベント合戦にご参加いただき
二陣からの調整のためのイベント合戦にご参加いただき


二陣からのイベント合戦て何ぞ!?

イベントってきいて真っ先に報酬なんだろって思った私はきっと心が汚れているのでしょうねw
とりあえず、イベント参加してみるかな!

拍手[2回]

またまた新情報~合戦場における兵種の仕様変更~

最近川又Dが本気出してFaceBook更新してますね。
本日は第二陣の合戦の仕様変更について書かれていました。
これに関してまた、ちょこちょこ私の感想を書きます。

・混乱効果の変更
(中略)混乱の効果を現在の「行動不能」から、「移動速度低下」と「疲労度の上昇」に変更することで、何もできない状況を改善します。
この修正により疲労度が上昇するケースが増えるため、合わせて疲労度の回復速度を早くする調整も実施します。


これはいい!移動できなくて、そこを対人にボッコボコにされるパターンがすごく多かったから!
あと、大砲の位置によって東西で優劣もあったしね。
城攻めマップの真ん中の大砲、明らかに籠城側に有利すぎるしw
復興戦とか大変なんですよー
移動速度低下ならギリ逃げれるし、あるいはゲリラゴリ押しとかねw
カオスにはなるかもしれないけど、それでこそ合戦だしね!

■新兵種「大筒」の追加
これは任意の場所に大筒を設置し、砲撃をすることで敵国PCに対しては固定大筒と同等の効果を与えることができる、支援を主とした兵種です。
「大筒」は敵陣に向かって砲撃を行うことで遠距離から支配力を下げることもできるので、先日お伝えした新しい「陣取り」要素にも欠かせない兵種となると考えています。
なお「大筒」は、戦闘に関しては特殊な扱いとします。徒党を組むことはできますが、徒党員が襲われても戦闘には巻き込まれません
また自身が敵NPCに襲われたり、敵国PCに攻撃を仕掛けられたりした場合は戦闘に移行せず、自動的に安全地帯まで退却します。
これにより混戦地帯での運用は難しい兵種とはなりますが、対人戦に抵抗がある方は是非大筒兵として合戦に参加していただき、徐々に合戦の空気に馴染んでいただければと思います。

これは
アレですね。この間の東西のフナムシ軍団復活ですね。
対人しないフナムシと対人する騎兵(or歩兵)がこれで共存できるわけだw

案外11月以降合戦はフナムシだらけになったりして。
 
  
↑11月以降の合戦予想図



■歩兵に兵種コマンド「工作」を追加
初期兵種である歩兵に兵種コマンド「工作」を追加します。
工作は敵陣で実行することで支配力を減らし、味方陣で実行することで支配力を回復できるコマンドです。
他の兵種と違い、相手プレイヤーに対する攻撃要素を持たない兵種コマンドではありますが、使用に条件がなく、扱いやすい兵種コマンドになるかと思います。


これは実際に実装されてみたいとなんとも言えないなー。
だって、現状の戦場ってもっぱら騎兵じゃないですか。
隠形状態でも爆発的に支配力が回復(or敵陣の支配力を減らす)できれば、歩兵が主流になって騎兵は合戦城からいなくなるかもね。
敵陣で工作実行しまくれば、それだけで陣が落ちるんだもんw


ただ、継続戦果の復活も決まってるから、小国はいままで以上にしんどくなりそうですね。
斉藤家は中堅だけど、武田、上杉、織田と比べれば小さいからなぁ。
工作コマンド1回の威力、劣勢だと大きくなるとか、調整してくださればありがたいなあ。

などと言ってみましたが、とりあえず今はおとなしく11月を待つことにします。

拍手[1回]

合戦参陣!

昨日は北川さんに誘われてvs浅井の合戦行ってきました。

浅井、鳳凰からすごい強くなってるというw
斉藤は援軍さんがきてないこともあってやや劣勢だったなぁ。

本陣前の防衛ばかりやってた気がする。
あとはガチの対人徒党に叩かれたけど、やっぱつよいねー。
菩薩の上から沈黙刺してくるような軍学さんにどう対抗しろとw
あ、知力が足りないってことか、、、。

普段のらりくらりとした、ぬるま湯信長ライフを送ってたけど、これじゃダメだね!
まじめに狩り行って覚醒あげて、軍神も買ってでもそろえないと。

ってしてたら金策しないとな。
このあいだ付与石鍛練で魅力48石できて、自分用にしようかとも思ったけど、やっぱり売りに出そう。
これで当面の運転資金は確保できるはず・・・売れればの話だけどw

拍手[1回]

プロフィール

HN:
新田奈々
性別:
非公開
自己紹介:
紺碧サーバ、斉藤家所属の駆け出し巫女。
期間限定イベントと対人戦が好物。

きまぐれ更新ですが、温かく見守ってやってください。

セカンド:北村夕起(薬師)
サード:あーりん(陰陽師)

一門:魔人軍

最新CM

[10/21 きたがわ]
[10/21 通りすがり]
[02/09 冷]
[07/06 たきっぽいなにか]
[06/11 山吹足軽]

信onついーと

信onりーだーβ

忍者アナライズ

カウンター

カレンダー

04 2018/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

著作物利用規約

(C)2003-2012 コーエーテクモゲームス All rights reserved.

このホームページに掲載している『信長の野望 Online』の画像は、『信長の野望 Online』公式サイトにおいて使用許諾が明示されているもの、もしくは『信長の野望 Online』の有効なアカウントを所有しているユーザーが株式会社コーエーテクモゲームスから使用許諾を受けたものです。
Copyright ©  -- 紺碧ノート --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Material by petit sozai emi / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]